エルヴィス・プレスリー

世界に3体だけ!のエルヴィス・プレスリーオフィシャル像

 湯川れい子さん、小泉純一郎元首相、平尾昌晃さん、ジョン・ボンジョビさんなど、各界のエルヴィスファンの呼びかけにより、多くのファンの寄付金で建てられたエルヴィス・プレスリーの銅像。設置場所であった東京 原宿竹下通りのロック・キャラクター専門店「ラブ・ミー・テンダー」の閉店に伴い新たな移転先を探していたところ、日本におけるジャズ発祥の地であり音楽を愛する街神戸、中でもウォーターフロントの新しい街である ¨神戸ハーバーランド” が最適候補地として挙がり、2009年8月7日にハーバーランドにやって来ました。

 このエルヴィス像は、彼の故郷メンフィスにある銅像とハワイにある銅像とともに、エルヴィス・プレスリー財団公認の世界に3体しかないオフィシャル像の1体です。ハーバーランドにエルヴィスが来て以来、国内外から多くのエルヴィスファンが集い、特に1月のバースデー、8月の命日には各地からたくさんのお花やメッセージが寄せられ、様々なイベントがファンの手でくりひろげられています。


★ エルヴィスへお花やメッセージをお送りください!!
    送り先:〒650-0044 神戸 ハーバーランド
             エルヴィス・プレスリー 宛

  Please send your messages and flowers to

  
Elvis i
n Japan !!
   Address: Mr. Elvis Presley
   Harborland, Kobe, Japan 650-0044


エルヴィス・アーロン・プレスリー Elvis Aron Presley

1935.1.8 ~ 1977.8.16

 黒人のリズム&ブルースと、白人のカントリー&ウエスタンを融合することによって、今までにない新しい音<ロック>を誕生させ、広めた人物として知られる。
初期アメリカ、そして世界中の若者にロックンロールによって人気を博し、キング・オブ・ロックンロールまたはキングと称される。
ギネス・ワールド・レコーズでは、「史上最も成功したソロアーティスト」として認定されている。
1977年8月16日に、テネシー州メンフィスの自宅、グレイスランドで心臓発作により急逝。42歳だった。

代表作品

ヒット曲

ラヴ・ミー・テンダー (Love Me Tender)
ハートブレイク・ホテル (Heartbreak Hotel)
テディ・ベア (Teddy Bear)
サスピシャス・マインド (Suspicious Minds)
好きにならずにいられない (Can’t Help Falling in Love)
オールウェイズ・オン・マイ・マインド (Always On My Mind)

出演作品

監獄ロック/Jailhouse Rock (1957年)
エルビス・オン・ステージ/Elvis: That's the Way It Is (1970年)ほか

エルヴィス関連リンク

「ELVIS銅像に光と音楽を!」にご賛同頂いた皆様へ

ライトアップと音響について

(点灯時間) 午後5時~午後10時(LED電球使用)
(音響時間) 午前11時30分~午後8時50分の毎時10分・30分・50分
(曲目)「やさしく愛して」「監獄ロック」「ハートブレイクホテル」「冷たくしないで」「好きにならずにいられない」「明日への願い」「イッツ・ナウ・オア・ネバー」「サスピシャス・マインド」「この胸のときめきを」「マイ・ウエイ」 以上10曲

収支について

【収入】
寄付金総額(個人285名・法人14社)
3,236,000円

【支出】
照明柱製作・設置、音響設備装置(含、手直し料金)
3,000,000円

寄付依頼のためのチラシ作成、封筒作成、コピー代、郵送料他
235,399円

【残高】
601円

世界中でいろいろな事が起こっていますが、エルヴィスファンの心はひとつ、世界もひとつです。
エルヴィスの素晴らしい歌声に耳を傾け、心の底から音楽を楽しめる世の中にしましょう。
皆様のご協力、本当にありがとうございました。

エルヴィスウィーク推進委員会
ハーバーランド運営協議会来街促進委員会

エルヴィス・プレスリー

CULMENI INFO

営業時間
ショッピング 11:00~20:00
グ ル メ    11:00~23:00
(営業時間は各店により異なります)
定休日
次回の定休日は5月18日(木)
今週のランチメニュー
各店舗のショップガイドに掲出しております。
<只今掲載店舗>  菊 兆        
          六 甲

CULENI JAZZ Open セッションに参加しませんか?

FACEBOOK

  • ハーバーランド音楽のまち
  • エルヴィスウィーク推進委員会
  • 神戸新聞旅行社
  • KOBE HARBORLAND